スポーツはストレス解消に役立つ

スポーツをして体を動かすと、心拍数が上がって血行が促進され、脳が活性化するほか乳酸が排出されて晴れ晴れとした気分になります。スポーツに集中している間は頭の中であれこれ悩むことがなく、いつの間にかストレスが消えているでしょう。筋肉を動かすとホルモンが分泌され、脳内の快楽物質が増えて幸せな気持ちになるとも言われています。また、スポーツで汗をかくと、体内の老廃物が排出され、体が軽くなった感じがしてより活動的になれるのです。

さらに、声を出しながら運動することがストレス解消に効果的だという指摘もあります。ただし、静止状態からいきなり激しい運動をすることは避け、ウォーミングアップとストレッチをしてから汗を流す運動に取り組み、最後にクールダウンするといったプロセスも大切です。

アスリートにおすすめのストレス発散向きのスポーツ

運動が得意なら、速い球に敏感に反応するスポーツがストレス解消に最適でしょう。テニスや卓球は、次々と返ってくるボールに反応するため無心になれるのです。激しく左右に移動するため、足腰が程よく疲れて練習後に爽やかな気分になれます。初心者向きに見えるバドミントンも、本格的に取り組めば、シャトルの初速が速く夢中になれてストレスを忘れられるでしょう。また、1対1で行う空手の組手やボクシングのスパーリングも相手の攻撃をかわすことに集中でき、緊張感のある練習の後スッキリした気持ちを味わえます。

いずれもプレー中は休む暇がないため、くよくよ考える暇がないのです。このように、団体競技より少人数で取り組めるスポーツの方が、ストレス解消には効果的かもしれません。

精神科を受診する方は自動車の運転免許証を取得していない確率が高いので、精神科を名駅周辺で開業するのは意味があります。